資格

宅建アプリのおすすめ10選!【無料あり】過去問が隙間時間に解ける!

更新日:

宅建と言えば数多い国家資格の中でも根強い人気ですが、合格率が低く難易度が高くて通学・通信講座だけでは物足りない!

そんな人におすすめなのがスマホ片手に電車で移動中にも手軽に学習できる宅建アプリです。

そこで、今もっとも多くの人に選ばれるおすすめの宅建アプリの中から厳選して10種類ご紹介しましょう。

宅建アプリのおすすめ10選!

宅建は通学講座・通信講座で根強い人気があり、e-ラーニングの受講者も多数ですね。

今ではパソコンよりも、スマホで空き時間に手軽に学べるようになりました。

宅建の合格率は平均で約15%ですから、気合いを入れて知識を身につけておきたいものです。

合格宅建の資格取得に向けて、限られた時間の中でも効率良く学べる人気アプリを10種類厳選しました。

宅建 過去問集 2018年版 スタケン問題編

宅建 過去問集 2018年版 スタケン問題編

宅建 過去問集 2018年版 スタケン問題編
開発元:OWNER'S AGENT INC.
無料
posted withアプリーチ

「スタケン」の愛称で親しまれる宅建過去問題集は、完全無料で利用できるアプリです。

宅建の試験の出題範囲は不動産から人権と幅広く、すべてを網羅しています。

出題形式は○×で二者選択方式、もちろん丁寧な解説付きです。宅建の基礎知識を学んだ後にじっくりと取り組みたいですね。

学習時間・日数・正解率までグラフデータ化機能付き。

宅建士 過去問題 (受験用)

宅建士 過去問題 (受験用)

宅建士 過去問題 (受験用)
開発元:TK office
¥480
posted withアプリーチ

宅建の基礎知識から応用までしっかり学んだ後、試験直前の総まとめに活躍するアプリです。

料金は480円で、法令上の制限や権利関係など二者選択・四択の出題形式です。便利な暗記ノート機能を活用するとより効率良く学習できます。

耳勉

耳勉

耳勉
開発元:FrontierMarketsJapan
無料
posted withアプリーチ

「耳勉」はノイズ学習法が採用された無料の宅建アプリ。

わたしたちは音を聴くのに少し雑音が入ったほうがより集中して聴こうとします。

これをうまく活用したのが耳勉で、宅建の学習上の重要ポイントを何度も聴いて確認する、これで着実に知識を身につけられます。

オンスク.JPアプリ

オンスク.JPアプリ

オンスク.JPアプリ
開発元:ONLINE SCHOOL
無料
posted withアプリーチ

人気のオンスク.JPは、宅建や簿記など15講座を1つのアプリで受講できるのが魅力です。

宅建と合わせて他の資格取得も目指す人におすすめです。

安心の月額制で使った分だけ支払うシステムで、講師の授業をいつでも動画で視聴できます。

トレーニング宅建士 2018年版 (資格の大原)

資格の大原 宅建士トレ問2018

資格の大原 宅建士トレ問2018
開発元:BIZVALLEY INC.
posted withアプリーチ

通信講座でおなじみの資格の大原の宅建アプリは、2000問の4者選択問題など多数収録で便利なシャッフル機能や理解度機能をうまく活用すれば、メキメキと実力がつきます。

試験直前にはタイマー機能を駆使して1問の解答時間を設定すれば、試験中の時間配分にも戸惑うこともありません。

宅建士過去問 2018年度版 (日建学院)

日建学院 宅建士過去問 2018年度版

日建学院 宅建士過去問 2018年度版
開発元:Learningcom, inc.
無料
posted withアプリーチ

宅建の過去問題集がこの無料アプリにギュッと濃縮されていて、学習の進捗状況も把握できます。

日建学院の講師による学習アシスト機能付きで、難易度が極めて高い宅建の合格に向けてアドバイスしてくれます。

マーカー機能や問題振り分け機能を活用して効率良く学習できます。

宅建士試験過去問題集SmartAI 2018年度版

宅建士試験過去問題集SmartAI 2018年度版

宅建士試験過去問題集SmartAI 2018年度版
開発元:GUENOCROSS INC.
無料
posted withアプリーチ

TAC出版監修のSmartAI 2018年版には、過去12年間の試験問題が収録されており、試験直前にぜひ活用したい無料アプリです。

出題数は2800問以上、「解答の解説が丁寧でわかりやすい。」と人気です。

各分野に的を絞って効率良く学習ができて、マイページで学習の進捗状況を確認すれば、得意な分野を伸ばし、苦手な部分を克服できることでしょう。

宅建用語集

宅建用語集

宅建用語集
開発元:Limen Inc.
無料
posted withアプリーチ

宅建用語集は他県の専門用語の知識を身につけられる無料アプリです。

過去問を解いていく中でもわからない専門用語が出てきたら、宅建用語集のアプリを活用しましょう。便利な検索機能を活用すればスピーディーです。

苦手な分野をしおりでチェックして区分しておけば、重点的に学習できます。過去問も多数収録で、解説にはイラスト付きでわかりやすいですね。

宅建士 一問一答問題集 (体験版)

宅建士 一問一答問題集はオフラインでも利用可能な無料アプリで、シンプルな操作で着実に宅建の基礎から応用まで学習可能です。

その名の通り、出題形式は一問一答型ですから、5分10分と短時間での学習に向いています。

宅建2018

宅建2017は、2001年~2017年にかけて出題された過去問が収録された宅建アプリで、価格は480円です。

宅建の基礎から応用までしっかり学んだ後、試験直前の仕上げにぜひ活用したいですね。

誤肢問題集の収録数は4分野で1078誤肢、何度も繰り返して活用すればメキメキ実力アップします。

宅建アプリだけ、受かる?メリット、デメリット

オススメの宅建アプリを10種類厳選して紹介しましたが、その中には無料アプリもあれば有料アプリもあります。

果たして宅建アプリだけを活用して、合格を目指すことはできるのでしょうか。

宅建(宅地建物取引士資格)は、不動産関係の会社に勤務する人や不動産業界への就職・転職を目指す人に必須の資格です。

過去これまでに実施された宅建の試験の合格率は年々高くなってはいますが、過去10年間に実施された試験の合格率は最高で17.9%、最低で15.2%です。

毎年約3万人が宅建の資格を取得しています。

宅建の資格取得に向けて、専門学校や講座に通う人もいれば、自宅でテキストと問題集で通信講座を受講する人、パソコンのe-ラーニングで学ぶ人、スマホアプリを活用する人もいます。

中には宅建アプリだけで合格を目指す人もいますが、メリットもあればデメリットもあります。

宅建アプリだけで学習するメリット

無料で学べる

宅建アプリには使い勝手の良い無料アプリもたくさんあります。

無料アプリを自分のスマホにダウンロードしておけば、完全無料で使い放題です。

わざわざ書店に出向いてぶ厚い参考書や過去問題集などの書籍を購入する必要もないので、本代の節約にもなります。

ぶ厚い参考書や過去問題集が自宅にあると、中身が深すぎてかえってやる気が削がれてしまうこともあります。

その点、スマホアプリなら本を置く場所も取らず、スマホ片手にスムーズに学習を進められます。

外出中でも手軽に学習できる

宅建アプリのメリットは、自宅学習はもちろん外出中にも空いた時間を見つけて利用できることです。

喫茶店でコーヒーを飲む間に、ランチタイムに食事が運ばれてくるのを待っている間にも手軽に学習できます。

電車での通学・通勤時に宅建アプリを開いてマイペースで着実に知識を身につけられるので、空いた時間を有効活用できるのが魅力です。

学校に通う必要がない

宅建の資格取得に向けて専門学校や講座に通う人もいますが、宅建アプリがあればとくに学校に通う必要もありません。

学校に通うと受講費用と交通費と手間がかかりますが、宅建アプリだけで勉強する人は、受講費用を大幅に節約できる上に交通費も不要です。

宅建アプリの種類によっては、空いた時間に動画で受講できるタイプのものもあるので、自宅や外出中にも講師の授業を受けることができます。

多彩な機能を活用して効率良く学習

宅建アプリは過去問題集や専門用語集、基礎から応用まで学ぶタイプなと、実に多彩です。

複数の宅建アプリをダウンロードして、アプリ独自の多彩な機能を活用すれば、より効率良く学習できます。

宅建の学習を進めていく上で何回な専門用語が出てきて、学習に行き詰まる時は専門用語集のアプリを活用し、最後の仕上げに過去問を解いて繰り返して学ぶこともできます。

宅建アプリによっては問題の正解率や学習の進捗状況がわかる機能もついています。これを上手に使いこなしていけば、自分が得意な分野と苦手な分野について自己分析が出来るので、自分の実力を把握できます。

宅建アプリだけで学習するデメリット

学習につまずく可能性も

宅建アプリだけで学習すると空いた時間にマイペースで学べるのは良いですが、学習する過程でわからないこともたくさん出てきます。

宅建の国家資格の難易度は極めて高く、学習する内容も多く、独学で学ぶのは大変なことです。

マイペースで学習できる反面、難易度が高いだけに途中で挫折する可能性もあります。

講師がいないので質問ができない

宅建アプリによっては、プロの講師の授業を動画で学べるものもあります。

しかし、学校に通って直接的に講師の授業を聴いて学ぶのとは違うので、わからないことが出てきても質問することができません。

通学講座や通信講座なら不明な点を尋ねられるので、その点では効率良く学習を進められます。

目標がないと学習が進められない

宅建の資格取得を目指す人は、不動産業界への転職を目指す人もいれば、単に教養を身につけるだけの目的で受験にチャレンジする人もいます。

仕事関係ではっきりとした目標があれば学習も進みますが、ただ漠然とした理由だと「いつでも勉強できるから今しなくてもいい。」という気になり、学習が進まなくなることもあります。

通学講座や通信講座だと受講期間があらかじめ決められているので、限られた時間の中で集中的に学習できます。

スマホ中心の学習は目が疲れる

宅建の資格取得の勉強をスマホアプリだけで続けていると、目が疲れてしまいます。

スマホ画面を長時間見ていると、ブルーライトが目に入り、目と脳神経の疲労・ストレスにもつながります。

夜寝る前にスマホアプリで勉強すると、不眠の原因にもなり、かえって学習効率が悪くなることもあります。

スマホにブルーライトカットフィルムを貼り、画面の明るさを少し落とすなど、目の健康にも十分気を配りましょう。

宅建アプリを用いた上手な勉強法!

宅建アプリは上手に活用すれば、宅建の基礎知識から応用まで効率良く学ぶことができます。

そこで、宅建アプリを用いた上手な勉強法について取り上げてみました。

自分の学習レベルに見合う宅建アプリを活用

宅建アプリを使って効率良く学ぶには、自分の学習レベルに見合う宅建アプリを選ぶことです。

極端に言えば、宅建のイロハのイから学ぶ段階で、過去問題集のアプリを使っても意味がないですよね。

宅建アプリ独自の機能を活用

宅建アプリにはそれぞれ異なる特徴やメリットがあるので、便利な機能をうまく活用すると効率良く学習できます。

宅建合格までの道のりは長いですが、まずは基本をしっかり押さえておくことが大切。

そして、自分の得意な分野と苦手な分野があることを把握することが必要です。

宅建アプリによっては正解率や学習時間がデータ化されるタイプのものもあるので、このような機能を活用して、自分がどこまで理解できているか、どの程度まで学習が進んでいるか、進捗状況をしっかり把握しておきましょう。

反復練習で記憶力向上

宅建アプリは、何度も繰り返して反復練習することで学習効率が高まり、記憶力を高めることができます。宅建の基礎から学び、難しい専門用語を覚えたりするのは大変な作業ですが、反復練習でメキメキ実力がつきます。

五感でしっかり学習すること

宅建アプリにはいろんなタイプがありますが、単にスマホに表示される画面の文字をただなんとなく見るのではなく、表示された文章を声に出してしっかり読みましょう。

宅建に限らず、学習効率を高めるには、五感をしっかり使うことです。

目で見たものを声に出して読み、時には紙に書き写すと良いでしょう。

宅建アプリに音声読み上げ機能があれば、それをおおいに活用して目で見て耳で聴くことをおすすめします。

過去問題集で出題傾向を把握する

宅建アプリには過去問題集が収録されたものもあるので、これは学習の総まとめとして活用したいですね。

過去問題集にチャレンジすると、問題が難しくて解答に行き詰まることがあります。

難易度が高い試験ですから、わからないことがあって当然なので、あまり深く考え込まないようにしましょう。

過去問題集にチャレンジすることで従来の試験の出題傾向を把握することができます。

出題の傾向がわかるようになったら、苦手な分野や得意な分野について何を補えば良いのか、これまでの自分の学習スタイルを見直すきっかけにもなります。

過去問題集は学習の最後の仕上げに使うのが一般的ですが、その反対の勉強法もあります。

ある程度まで学習が進んだ段階で、1度過去問題集を解いてみて、その後に出題された部分のテキストを読み直しするのも良い勉強法ですね。

テキストを読み直した後に、再度過去問題集を解いてみると、より理解できるようになります。

解説を熟読する

過去問題集や演習問題を解く時に、単に答え合わせをして点数だけを導き出せば良いというものではありません。

問題の解答には必ず根拠があるわけですから、答えが間違っていたら解答ではなく解説を熟読しましょう。

宅建アプリは短時間活用

自宅で机に向かって参考書や問題集を広げて勉強する場合は、気がついたら1時間も2時間も経過することもあります。

しかし、スマホの長時間の使用はかえって学習効率を下げてしまうこともあるので、10分勉強したら3分休む、過去問を3問解いたら3分休むなど、自分なりにルールを決めておくこと。

宅建アプリは5分でも10分でもちょっと空いた時間に活用したほうが、モチベーションを維持できるのので、短時間での学習に向いています。

まとめ

宅建の国家試験は出題範囲が広いので、短期間で基礎知識から応用まで身につけるのはまず難しいでしょう。

宅建の一発合格を目指すなら、長期戦で取り組み、宅建アプリを上手に活用すると良いでしょう。

ここでは厳選おすすめの宅建アプリ10種類をご紹介し、一部有料のものもありますが、無料で使えるものも多数あります。

宅建にぜひとも合格したいのなら、宅建アプリを活用しながらも、すでに宅建の資格を取得した人の体験談に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

身近に合格者がいなければ、ブログを閲覧するのも良い方法です。合格の秘訣について、何か良いヒントが得られるかもしれません。

専門学校や通信講座で学ぶのも良いですが、決まった学習カリキュラムを限られた時間の中でこなしていくのは結構大変です。時には課題を与えられ、提出することもあるでしょう。

宅建アプリは、とくに宿題を提出する必要もなく、受講費用を大幅に節約できます。

宅建アプリを上手に活用すれば自分の得意分野と弱点をそれぞれ把握できるし、空いた時間に何度も繰り返してマイペースで学習できる、それが宅建アプリの魅力ですよね。

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ

-資格
-

Copyright© 学習アプリアカデミー , 2018 All Rights Reserved.