資格

マンション管理士アプリのおすすめ10選!無料・過去問が解けるモノある?

 

不動産投資に興味がある人や不動産業界への就職・転職を有利にするならマンション管理士の資格取得を目指してはいかがでしょうか。

マンション管理士の試験をクリアするには、机上でテキストと問題集を広げて勉強するのも良いけれど、アプリを活用する方法もおすすめです。

そこで、マンション管理士アプリのおすすめ10選を一挙まとめてご紹介しましょう。

 

マンション管理士アプリのおすすめ10選!

 

マンション管理士は宅建と並んで人気の高い国家資格ですよね。そのため、試験の難易度は極めて高いとも言われています。

平成29年度実施の受験者数は約13000人、そのうち合格者はわずか1100人余り、合格率は9%にも満たないほどです。

マンション管理士アプリを上手に活用して、スキルアップに励んではいかがでしょうか。

 

スタディング マンション管理士講座

 

スタディング マンション管理士講座は、管理業務主任者とのダブル合格を狙えるよう開発されたオンライン教材です。

スマホアプリから動画・音声講座を学ぶことができます。

ダブルの資格の勉強になりますが、教材の学習法に沿い進めれば無理なく続けられ着実に合格を勝ち取れます。

スタディング 詳細はこちら

 

目指せ!マンション管理士・管理業務主任者

目指せ!マンション管理士・管理業務主任者

目指せ!マンション管理士・管理業務主任者
開発元:koji kuma
無料
posted withアプリーチ

マンション管理士と管理業務主任者と両方の資格取得を目指す方におすすめなのが、「目指せ!マンション管理士・管理業務主任者」の無料アプリです。

とくにマンションの管理組合やコンサルティング業務に関わる人にとっては、このアプリはマストアイテムになりそうです。

1つのアプリでマンション管理士と管理業務主任者試験の2つの試験合格に向けて、しっかりと導いてくれる、それがこのアプリの魅力てすよね。

 

マンション管理士試験 過去問

マンション管理士試験 過去問

マンション管理士試験 過去問
開発元:hideharu harada
¥720
posted withアプリーチ

マンション管理士のアプリの多くは、出題形式が○×式で二者択一方式が多いですが、四択にこだわった問題もあります。

それが「マンション管理士」のアプリで、料金はわずか720円です。

12年分の過去問がこのアプリに集結しており、おもに5つのジャンルに分かれています。

その内訳は、適正60問・管理101問・区分166問・建築169問・民法67問、全部で593問に厳選されています。

問題にチャレンジして難しかった内容や間違った部分は、「復習ボタン」を押せば何度でもチャレンジできます。

単に過去問を解くだけではなく、ジャンルごとの正解率・解答数・正解数などをグラフ化してくれるので、自分の得意・苦手分野について速やかに分析できます。

 

マンション管理士試験(平成28年度)全50問

マンション管理士試験(平成28年度)全50問

マンション管理士試験(平成28年度)全50問
開発元:macotin
posted withアプリーチ

シンプルで見やすいアプリ探しているなら、「マンション管理士試験(平成28年度)全50問」の無料アプリを活用してはいかがでしょうか。

このアプリは平成28年度実施の試験内容について、全部で50問がクイズ形式による出題です。

「過去問にチャレンジしたいけど、数年分まとめて網羅されたアプリだと、出題数が多すぎてかえってやる気をなくしてしまう」そんな人にこそ、こちらのアプリがおすすめです。

グループごとの正解率表示機能付きで、1問あたり5分の時間制限機能が付いています。

音が鳴らないので、電車やバスの移動中にも周囲に迷惑をかけることもなく、しっかり学習に集中できます。

 

マンション管理士 一問一答 2018年版

通信講座で資格取得を目指すなら、なんといってもユーキャンですよね。

そのユーキャンから「マンション管理士 一問一答 2018年版」が2018年3月に登場しました。

こちらの利用料金はわずか1600円、ユーキャンならではの充実した内容です。

その名の通り、一問一答方式で1つの問いに対して○か×か選択すると、解答と解説が表示される仕組みです。

これまでにもっとも出題頻度の高い問題が937問厳選されているので、合格率を大幅にアップできそうです。

単に試験問題を解くだけではなく、学習のツボをしっかり押さえられるように、知識の生理にお役立ちのまとめページも用意されています。

ランダムに出題される小テストの結果をその都度チェックすれば、自分の実力と長所・短所がすぐにわかります。

 

コツコツ過去問で合格! マンション管理士試験 過去問題集 人気の資格

机に向かってテキストと問題集だけで勉強するのに飽きてしまったら、「コツコツ過去問で合格! マンション管理士試験 過去問題集 人気の資格」のアプリで学習してはいかがでしょうか。

過去問題集とはいっても堅苦しい感じではなく、過去に出題された問題自体が楽しいクイズのようなスタイルです。

学習に行き詰まった時、自分の実力不足に伸び悩む時にこそ、ぜひ活用したいのがこのアプリです。

過去問は択一問題による出題形式で、基礎の基礎からみっちり学びたい人はもちろん、学習のまとめとしてもおおいに活用できます。

 

合格マイスター! マンション管理士試験 模擬試験100問

マンション管理士の試験合格を目指すなら過去問を解く前に、ぜひ模擬試験にもチャレンジしておきたいですよね。

「合格マイスター! マンション管理士試験 模擬試験100問」このアプリには、模擬問題が100問ギッシリ詰まっています。

もちろん出題される可能性大の問題が厳選されているので、試験直前の総仕上げにもぜひ活用したいですね。

 

一問一答 『マンション管理士 2016年版』問題集

「一問一答 『マンション管理士 2016年版』問題集」は1600円で利用できます。

記述式の問題が苦手な人は、まずはこのアプリを活用してみてはいかがでしょうか。

○×式ですべての問題にわかりやすい解説付き、もちろん何度でも繰り返して学習できます。

全部で877問、いずれも出題傾向が高い問題に的を絞っています。

出題される可能性が高い重要な専門用語や語句は、暗記モードを活用すると効率良く学習できる仕組みです。

とくに重要な項目を学習する時は、「重要ポイントまとめてチェック」の機能で、イラストや図表を見ておくと、立体感があってわかりやすいですね。

 

読む!マンション管理士・2016年最新版

「読む!マンション管理士・2016年最新版」こちらはわずか120円で利用できます。

学習の総仕上げとして過去問を解く前に、問題のないようをきちんと理解しておかなければなりません。

そんな時にこそおおいに活用したいのが、このアプリです。

このアプリでは「過去問題の内容をスピーディーに理解して読めるようにすること」を目指せます。

重要なキーワードが含まれる問題をスピーディーに探したい時は、キーワード検索機能を使い倒すのが合格への早道です。

さらにメモボード機能を使えば、文字・音声入力で補足事項を書き足すことも可能です。

 

不動産関連資格「宅建・不動産鑑定士・マンション管理士」問題集(2015年版)

このアプリは、「不動産業界でマルチに活躍したい! この際マンション管理士だけでなく、不動産鑑定士と宅建のトリプル資格取得を目指したい」そんな人にピッタリです。

3つの資格取得を目指せるこのアプリの料金は、わずか240円です。

収録内容は、マンション管理士の問題が約160問・宅建の問題が約210問・不動産鑑定士の問題か゛約230問です。

さらにビル管理技術者・管理業務主任者・賃金業務取扱責任者・土地家屋調査士の試験問題もこのアプリに集結しました。

出題形式は四者択一で、わかりやすい解説と不得意な部分を集中的に学習できるので、電車の移動中にもメキメキ実力がつきます。

 

宅建 マン管 管業の合格問題集

マンション管理士と合わせて宅建と管理業務主任者試験にもチャレンジしたい方は、「宅建 マン管 管業の合格問題集」のアプリはいかがでしょうか。

こちらはサンプル問題集がいたアプリが、無料にて利用可能です。

解説付きのマンション管理士試験・宅建・管理業務主任者の問題集は、各300円でダウンロード可能です。

不動産業界への就職・転職を目指すなら、このトリプル資格を取得しておけば鬼に金棒ですよね。

 

マンション管理士アプリの選び方!合格は過去問がカギ?

 

国家資格のマンション管理士資格を取得するのに、今やスマホアプリは必須アイテムですよね。

「でもいったいどんなアプリを選んだら良いの?」そんな疑問にしっかりお答えしましょう。

マンション管理士アプリを上手に賢く選ぶポイントは大きく3つです。

 

過去問題はできるだけ直近のものを選ぶ

過去問にチャレンジする時にアプリの種類が多すぎて迷うこともあります。

マンション管理士のアプリに限って言えることではないのですが、過去問が収録されたアプリはできるだけ直近のものを選ぶのがポイントです。

試験を受けるのが2019年であれば、2017年版・2018年版など2017年~2018年の過去問が入ったアプリを選んでおくと安心です。

マンション管理士の試験の出題傾向は、年々変わっているので、できるだけ新しい問題にチャレンジする必要があります。

 

学習レベルと実力に見合うマンション管理士アプリを選ぶ

過去問題集や模擬問題を解くのに、○×式の二者択一形式のアプリを使う人もいますが、四者択一方式のアプリを使う人もいます。

基礎知識を身につけた後は、まずは二者択一方式の出題形式にチャレンジしてみましょう。

解説を熟読してしっかりと理解できるようになったら、最後の総まとめとして四者択一方式の過去問にチャレンジすることをおすすめします。

効率良く学習するには、自分の学習レベルと実力に見合うマンション管理士アプリを選ぶことです。

 

マンション管理士アプリは機能性で選ぶ

マンション管理士アプリの種類が多くてどれを選んで良いか迷う時は、アプリの機能性に目を向けてみてはいかがでしょうか。

学習を進めていく中で、自分の得意と不得意な分野について知りたくなることもあります。

自分の成績をグラフ化する機能などがついていれば、すぐに自己評価ができるので便利ですね。

 

マンション管理士アプリを用いた上手な勉強法!

 

通勤など移動中はやや緩めのクイズ形式のアプリで学習

マンション管理士アプリは、自宅ではもちろん外出中にも手軽に使えます。

学習小売りを高めるには、通勤や移動時間などちょっとした空き時間を有効的に活用することです。

しかし、固い感じのアプリだと退屈になってしまい、電車の中でいうとうとしてしまい、かえって逆効果になる可能性もあります。

そんな時は楽しく学習できるように、クイズ形式のやや緩めの感じのマンション管理士アプリを活用することをおすすめします。

逆に自宅で学習するときにクイズ形式のアプリだと、気分が緩んでしまうこともあるので、少し固めの感じのアプリを選んで勉強したほうが、学びやすいですね。

時間と場所、自分の学習スタイルに合わせてアプリを選び、上手に使い分けるのがコツです。

 

試験の3週間前からは過去問で集中力を高めよう

マンション管理士の試験合格を目指す上で、基礎をみっちり学ぶことが大切です。基礎学習は机上にてテキストでしっかり学びましょう。

ひと通りテキスト学習を終えたら、いよいよここからがマンション管理士アプリの出番です。

過去問にチャレンジする前に模擬問題やクイズ形式の問題からスタート、最後の仕上げに過去問にチャレンジすると良いですね。

最初から過去問にチャレンジすると、問題が難しくて途中でつまずいてしまうこともあるかもしれません。

それよりは簡単な問題から解いて、少しずつ難しい問題に慣れていくほうが、途中で挫折することもなくて済みます。

過去問にチャレンジするのは試験日の2週間~3週間前のタイミングがベストです。

過去問を解いた後は、グラフ機能などを活用して正解率や得意・苦手な部分を自己分析しましょう。その上で苦手な箇所を克服できるようにしましょう。

 

まとめ

 

マンション管理士は、宅建や不動産鑑定士と並んで人気の高い国家資格であり、受験者数も年々増加中ですね。

ここでは、とくにユーザーに人気の高いマンション管理士のアプリについて10種類に的を絞って後紹介しましたが、いかがでしょうか。

ここでご紹介したマンション管理士アプリのほとんどが無料ですが、一部有料のものもあります。

有料とはいってもわずか数百円なので、コスパがとても良いですね。

アプリだけで学習するのではなく、学習のスタート時にはテキストや問題集で勉強して、ある程度基礎知識をしっかり習得してからアプリをおいに活用すると良いですね。

アプリを用いた学習は、電車の移動中やお昼のランチタイムなど、1日に5分でも10分でも全然構いません。

マンション管理士の国家試験の難易度は高いですが、毎日地道にアプリを活用して学習していけば、合格ラインに達する日もそう遠くはないかもしれませんね。

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ

-資格
-

Copyright© 学習アプリアカデミー , 2019 All Rights Reserved.